宮城県岩沼市の中古一戸建て物件購入にかかる諸費用

宮城県岩沼市の中古一戸建て物件を見つけて購入しようとした場合、購入するまでにかかる諸費用というのがかかります。

岩沼市の中古一戸建て物件には限りませんが、中古一戸建て物件を購入する際にかかる諸費用については、事前によく知って予算に含めて考えておく様にしましょう。

中古一戸建て物件というのは、新築一戸建て物件に比べてお得に購入できるというのがメリットでもありますが、住宅購入となると、ついつい物件探しの方が念頭にあり、かかる諸費用について、すっかり忘れているということがよくあります。

物件によってかかる諸費用かわってきますが、大体でもいいので諸費用を把握してからの予算を考慮しておかないと、住宅購入計画の見直しが必要になることもあるので、忘れない様に注意してください。

大まかに中古一戸建て物件購入にかかる諸費用は、物件価額の7%から10%程度と言われています。

諸費用がいつどんな段階で、いくら必要になるのかということをしっかり把握しておけば、その場その場で慌てずに済みます。

不動産売買契約を結んでから引渡し、そして決済までに掛かる諸費用は、仲介業者に支払う仲介手数料と文書作成にかかる印紙税、適合証明書を交付する場合はその手数料があります。

仲介手数料については、簡便法といって[物件価額(税抜)×3%+6万円]×1.05で計算されます。

物件の引き渡し時には、土地建物の売買による所有権の移転を登記する際にかかる登録免許税があります。

その他、司法書士への報酬、固定資産税等精算金がかかる場合もあります。